ATMの手数料もしっかりチェックして節約を

小銭を見せる坊主の男の子のイメージイラスト

誰でもごく当たり前に利用している銀行ATM。
いまではコンビニなどに設置された端末で24時間利用可能なところもあり、非常に便利です。
けれど、便利さを優先しているとついつい無駄にかかってしまうのが利用手数料です。

 

以前はメガバンク系銀行でもコンビニATMで手数料無料をうたい文句にしていたところもありましたが、最近は利用者の手数料負担の方向へとまた戻ってきてしまっています。
1回の手数料は108円や216円だと言っても、積もり積もれば結構な金額になります。
やはり節約のためには、自分が利用している銀行ATMのサービス内容をしっかり確認し、できる限り手数料無料の時間帯に利用するようにしましょう。

 

まず、ATMを利用するときは、自分が利用している銀行のATMを利用することが基本です。
提携金融機関のATMだと、平日の昼間でも利用手数料が発生することが多いからです。
コンビニATMは便利ですが、そのあたりはしっかりチェックしましょう。

 

また、金融機関によっては夜間や土日祝祭日でも利用手数料を条件付きで無料にするサービスを行っているところもあります。
口座に一定以上の残高があることや、給与振り込み口座として登録していることなどが条件で、残高金額によって月のうち何回までは無料で利用できるなど、細かい規定があるところがほとんどです。
これも銀行に問い合わせるなり、銀行ホームページを調べるなりして、しっかりチェックして利用しましょう。

 

なお、ゆうちょ銀行は基本的に利用手数料が無料です。
しかも24時間受付の郵便局内に設置されたATMであれば、残高照会や払い戻しだけなら利用できないのは日曜祝日の夜9時以降のみだと考えてほぼ間違いありません。
日付が変われば深夜0時5分から手数料無料で利用できます。
ひんぱんにお金の出し入れをする必要がある口座は、ゆうちょ銀行に設置しておくのも節約になるでしょう。