無駄をなくすことが最初の一歩

たくさん食材を買う主婦主婦

節約、と言われて真っ先に食費を思い浮かべる人は多いでしょう。
実際、最も節約しやすい支出も食費だと言えます。
例えば外食を半分に減らすだけで、毎月の食費が何千円も浮くという家庭も珍しくないはずです。

 

外食やお惣菜の利用は確かに便利ですが、どうしても割高になります。
できるだけ自宅で調理し、学校や職場へもお弁当を持参するというのは、食費の節約の基本中の基本です。

 

さらに、買った食材は全て使い切る、という意識を徹底しましょう。
野菜など、安売りしていたので買ったはいいけれど結局使い切れなくて腐られてしまった、なんて経験者も多いはずです。
いまはインターネットで簡単にさまざまなレシピが検索でき、同じ野菜でも飽きないようにメニューを工夫できます。
そういうサービスをどんどん利用しましょう。

 

そして、何よりもまず最初に意識すべきは、無駄なものは買わない、ということです。
例え安売りしていても、使う予定がなければ買わないというのも賢い選択です。

 

お買い物に行ったとき無駄なものを買わないコツ、そのひとつめはお財布に余分なお金を入れておかないということです。
事前に予算を決め、それ以上は使わないようにしてしまえば、自然に無駄なものと必要なものを分けて考えられるようになります。

 

そしてコツのふたつめは、お腹を空かせた状態で買い物には行かない、ということです。
これも経験者は多いのではないでしょうか。
お腹が空いていると何を見ても美味しそうに感じられ、あれも食べたいこれも食べたいになってしまって、ついつい余分に買い込んでしまうんですよね。

 

お財布に余分なお金は入れておかない、そしてお腹が空いているときは買い物に行かない。
このふたつを徹底するだけでも、食費の無駄が減ってかなり節約できます。

 

食費節約のための賢い買い物術

買い物に行く主婦

意外に思われるかもしれませんが、食材の買い出しは毎日行う方が実は無駄を省けるのです。

 

生鮮食品はその日のメニューに必要なものだけを買えばいいわけですし、日替わりの特売品を確実に購入できるので調味料や保存食材などは割安に買えます。
事前にチラシなどをチェックして、特売品に合わせてその日のメニューを考えるのも賢い方法ですよね。

 

それになにより毎日お買い物に行くことで、いま自分の家の冷蔵庫に何が入っているのかが把握しやすくなります。
買ってしまってから、ああコレはまだこんなにあった、なんて失敗がなくなるのです。

 

それでも、スーパーが遠いので毎日お買い物に行くにはガソリン代が余計にかかってしまう、というような人もいるでしょうから、そのコストを考えるとちょっと判断が難しいところではあります。
ただ基本的に食費節約のためには、1回でまとめてどっさり買い込むよりは、極力小分けして買う方が無駄が省けると考えて間違いありません。

 

例えば、週に1回だけの買い物であれば、ついあれもこれもと買い物かごに入れてしまいがちになりませんか。
せっかく買い物に来たのだからついでにコレも買っておこうという意識がどうしても働いてしまうものだからです。

 

毎日でなくてもひんぱんにお買い物に行っていれば、今日買わなくてもどうせまたすぐ買い物にくるのだし、と気持ちに余裕が生まれます。
その余裕で、それがいま本当に必要なものなのかを考えることができます。
そのほんのちょっとした気持ちの余裕と、ちょっと立ち止まって考えるということが、無駄を省くには本当に大切なことなのです。