「洗う」ときは溜め洗いで節水と節約を

エプロンして両手を広げるおばさんの絵

ふだんの生活で水を良く使うのは、とにかく「洗う」という行為をするときです。
キッチンの洗い物や洗濯、洗車、拭き掃除などですね。
これら「洗う」という行為では、基本的に全て溜め洗いをするようにしましょう。
流し洗いに比べて確実に節水、節約ができます。

 

洗濯に関しては、お風呂の残り湯を利用するのは節水の基本中の基本です。
体を洗った後のお湯で洗濯するのはちょっと……とためらう人もいるかもしれませんが、すすぎのときに新しい水を使えば全く問題ありません。
それどころかぬるま湯状態で洗うことができれば、皮脂汚れなどは水で洗うよりよく落ちます。
バケツなどでくみ出さないと残り湯が利用できない場合などはちょっと大変ですが、それでも確実に節水になりますからぜひ残り湯を利用しましょう。

 

そして、これもやはり可能であれば洗濯機を買い替えることもひとつの方法です。
最近の家電の性能はほとんんどが節約傾向に進んでおり、節電はもちろん洗濯機は節水能力が高まっています。
すすぎの方式もこれまで主流だった注水すすぎから溜めすすぎ方式に変わってきており、その分確実に節水できるようになっています。

 

また、食器洗浄機なども基本的に溜め洗い方式ですので、節水には有効です。
こちらも年々性能が高まり、より少ない水で洗いあげられるようになってきています。
他にも、洗車を行うときなどもできるだけバケツに溜めた水を使うようにし、こまめに蛇口を締めて余分な水を使わないようにしましょう。

 

水道料金は、マンションなど集合住宅の場合は定額制になっているところもあります。
そういう家庭では、どれだけ使っても料金は変わらないからと節水の意識が低くなりがちです。
それでも住環境は簡単に変わる時代ですし、ふだんから節約の意識をしっかり持ち続けるためにも節水は常に心がけることをお勧めします。