いまこそ節約を始めよう!

お金に悩む主婦

2014年4月に消費税が5%から8%に増税されました。
3%の上昇がこんなにも生活に影響を与えるとはと、日々実感されている人も多いことでしょう。
しかも政府のインフレ政策のおかげなのか、全ての物価が確実に上がり続けています。
そんな中、さらに平成29年の4月には消費税率が10%に増税されてしまうという現実が待っています。

 

スーパーへ買い物に行っても、お肉など以前の価格と比べると100グラム当たりの単価が20〜30円程度上がっていますし、花かつおのパックのように内容量が3グラムから2.5グラムに減らされ実質値上げと変わらない商品も増えています。ティッシュや洗剤といった日用雑貨も軒並み値上げされてしまっています。
家計のやりくりをしている主婦にとっては、たとえ数十円の値上げでも大打撃になります。

 

それなのに、生活者の実感としては収入が増えているとは到底思えません。
一部の大企業は潤っているのかもしれませんが、残念ながら大半の企業は一番カットできるコストは人件費だと考えて経営しているとしか思えない状況です。
今後、収入が確実に上がると期待できる家庭はすでに少数派ではないでしょうか。
むしろ収入が確実に上がる家庭なんてほとんどないのにも関わらず、消費税や値上げなどで出て行くお金だけが増えてしまっているのが大半で家計にとってはマイナスでしかありません。

 

こうなってくるとやはり、生活を守るためにはそれぞれが工夫し、できる限り支出を抑えていく以外に方法がないと言えるでしょう。
つまり、節約するしかないのです。

 

一度なじんでしまった生活のレベルを下げるというのは、誰しも気持ちの上で抵抗を覚えてしまうものです。
それでも、ある日突然なんらかの事情で収入が激減してしまったり、大きな借金を抱えてしまったりしてしまうことが、どんな家庭にも当たり前に起こりうる時代なのです。

 

だからこそ、まだ少しでも家計に余裕があるうちから節約を始めましょう。
毎日のちょっとした工夫で、支出は減らせます。
それによって家計だけでなく気持ちにも余裕が生まれれば、生活も楽しくなりますよ。

 

まずは家計の支出をチェックしよう!

小銭入れを持って考える主婦

節約を始めるには、まず毎月いくら支出があるかというのを知らなければなりません。
毎月何にいくら使っているかということを知れば、自然と無駄に使ってしまっている支出も浮き彫りになってきます。

 

まずは毎月、必ず出て行く支出をチェックしてみましょう。
必ず出ていく支出というのは、例えば家賃、食費、水道光熱費、携帯電話代、保険、家のローンや車のローン、旦那さんのお小遣い、タバコ代、お酒代、学費等があると思います。
その中でも「どうしてもこれ以上は安くならないもの」と「工夫すればもっと安くできるもの」が出てくると思います。
まずは大雑把にで構わないので、2つに分けてみて下さい。

 

実際にその2種類に分けてみると、工夫すればもっと安くできるものの方が多くなりませんでしたか?
毎月の家計の支出の中で、単純に2つの種類に分けるということだけで節約できるポイントを簡単に知ることができます。

 

何をどうやったらいいかわからない、節約できるところなんて家にはない!と考えている人でも必ず無駄になってしまっている支出はあります。
私自身も、毎月なんとなくそのぐらいかかるんだろうと思って支払っていた携帯電話代。
あるときなんとなく料金の内訳を見ていたら、契約した時に特に必要でもないのにつけられていたオプションがあることに気がついたんです。
その額毎月1150円です。
早く気づいていれば、毎月1回、自分へのご褒美で美味しいランチをのんびり満喫できていたかもしれないのに!
今まで使いもしない、全く必要でもないものに毎月1150円、1年で1380円も無駄にお金を払っていたのです。

 

去年からブームになっている格安スマホ(格安SIM)を利用するのも賢い選択です。
ドコモ・au・ソフトバンクで高い月額料金を大幅に下げることもできますし、何より意味の分からない2年縛り契約から開放されます。
多少のネット閲覧、メール、SNS、電話ぐらいでしかスマホを使っていないのであれば、大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで毎月の支出の中でも上位を占める通信費を下げることも可能です。

 

無駄にお金を払うより、美味しいものを食べに行ったり、少しでも毎月貯金ができたほうが楽しいに決まっています。
楽しく過ごすためにはまずは知ることからやってみましょう。

 

お金にまつわる情報サイト

お金借りる|1時間後に即日融資!大手カードローンのみ掲載
http://www.lokatin.com/
節約していても金欠になることってありますよね。
そんなときに友達にお金を借りるとなると、友情に亀裂を入れる原因になりかねません。
今テレビのコマーシャルでも目にすることが多いカードローンで、一時的に生活費を借りるという方法もあります。
カードローンは申し込んでから早いと1時間でお金が借りれるという便利なものですが、うっかり変なところからつまんでしまうと大変ですが、必要な時にすぐに借りたいのが本音ですよね。
そうしたピンチには、紹介したような情報サイトで最低限の知識を学んでカードローンを健全に利用してください。

更新履歴